コエンザイムQ10の豆知識

コエンザイムQ10の還元型とは?

健康情報番組などで取り上げられることも多いコエンザイムQ10(略称:CoQ10)。細胞がエネルギーを作り出す働きを高め、体力の維持やアンチエイジング、活性酸素の抑制など病気の予防や健康の維持増進に役立つとして注目されています。

コエンザイムQ10には大きく分けて「還元型」と「酸化型」の2つがあり、それぞれには異なる特徴があります。

この記事では、コエンザイムQ10の還元型、酸化型の違いや、コエンザイムQ10の上手な使い方などを分かりやすく解説します。

コエンザイムQ10の還元型・酸化型の違いとは?

自然界に存在するコエンザイムQ10(以下、CoQ10)は、大きく分けると酸化型と還元型の2つに分けられます。酸化型と還元型は分子構造が少し異なっていて、人の体内に存在するCoQ10の多くは還元型です。

体内では、還元型のCoQ10だけがその能力を発揮することができます。
酸化型CoQ10は摂取した後、体内で還元型に変換されることでコエンザイムQ10として能力を発揮するのです。

体内では酸化型のCoQ10も存在しますが、基本的には酸化型CoQ10は還元型CoQ10に変換されて機能する仕組みになっています。

これは、還元型の方が体内で使いやすく、CoQ10の働き一つである、細胞内でのエネルギー産生の効率が良いからだと考えられます。つまり、同じ量のCoQ10であれば、酸化型よりも還元型の方が効率的で多くのエネルギーを生み出すことができる、ということです。

CoQ10のサプリメントは酸化型?還元型?

市販されているCoQ10のサプリメントや健康食品も酸化型と還元型の2種類があります。その違いはCoQ10の製造に関係しています。酸化型より還元型の方が製造が難しいのです。

そのため、以前は、比較的製造しやすい酸化型CoQ10を使った製品が多かったのですが、最近では製造技術の向上もあり、還元型のCoQ10を使った製品も市販されるようになっています。

ただし、製造コストの点を考慮すれば、酸化型CoQ10を使った製品の方が価格が安く、購入しやすいという利点があるかもしれません。また、還元型CoQ10を使った製品は、酸化型に比べれば、価格は高くなるかもしれませんが、より高い効果が期待できるともいえるでしょう。

酸化型、還元型の他にも“包接体型”・“発酵型”もある!?

サプリメントとして市販されているCoQ10には、包接体型や発酵型というタイプもあります。CoQ10は脂溶性で水に溶けにくい性質があるので、一般的なビタミン類のように、水と一緒に飲むだけでは吸収されにくいのです。

そこでメーカーが独自の技術によって、CoQ10を吸収しやすいように加工したものが包接体型です。

包接体型はCoQ10をナノレベルまで細かくし、それをオリゴ糖(シクロデキストリン)で包み込むように加工されています。水に溶けやすいオリゴ糖で包むことによって、体内に吸収されやすくなると考えられます。

また、発酵型は発酵法という製造方法によって作られ、ジャガイモ(デンプン)など原料となる植物を発酵させてCoQ10を抽出するメーカー独自の方法によって作られています。

ただし、メーカーの説明によれば、発酵による吸収率には差はなく、他との差別化をはかる表現上の工夫に留まるようです。

CoQ10の上手な摂り方の工夫

CoQ10は脂溶性のため水に溶けにくい性質があります。そのため、食前など空腹の状態で摂取してもあまり吸収されません。食前や食間など空腹時に摂るよりも、食後に摂った方が吸収効率が高くなります。

また、CoQ10は同じく細胞のエネルギー産生を高めるビタミンB群と一緒に摂ることで、相乗効果を発揮します。ビタミンB群は水溶性のため、CoQ10が届きにくい部分で働くことができ、より高いエネルギー産生につながると考えられます。

さらに、CoQ10は同様に高い抗酸化作用があるビタミンCやEと一緒に摂ることで、それぞれの抗酸化力を高める働きがあります。抗酸化作用を発揮するビタミン類などが一つのチームとして抗酸化作用を発揮することを「抗酸化ネットワーク」といい、CoQ10も抗酸化ネットワークの一員です。

最近では、CoQ10とビタミンCやEを組み合わせた健康食品やサプリメントも市販されていますから、こうした商品を利用することも便利な方法です。

今では市販されているサプリメントの多くは還元型のCoQ10が多いようです。しかし、酸化型のタイプでも全く効果がないというわけもありません。ビタミンCと組み合わせて摂ることで吸収効率が高くなるという専門家もいます。

また、サプリメントと人とには相性のようなものもあるので、先入観にとらわれ過ぎず、いろいろ試してみて、自分に合ったタイプの製品を選ぶことも大切です。

ページのトップへ戻る